ゆとりのある返済を

おまとめローンは基本的に金利をおさえて、月々の返済額も少しゆとりを出し、順調に完済に向けて進みだそうというものなので、おまとめローン契約のあときちんと返済をしていけるか今一度自分でも計算をしていくことが大事です。パニックにならずに金利はいくらかでも低くなったのか、毎月の返済額は少なくなったのかの二点に特に注意しておまとめしようとしている業者の言葉に耳を傾けてください。

おまとめローンおまとめローンを扱っている金融業者は数多くあり、なかにはおまとめローンを売りにしている専門の業者もいます。ほかには大口の融資が可能なキャッシングを利用しておまとめするという方法もあります。大口キャッシングが可能な消費者金融と契約する場合はある程度年収が必要になりますが、このようにキャッシングを用いたほうが手数料がかからなかったりとメリットもありますし、追加の借入もできるので、可能な方はキャッシングによるおまとめも考慮してみる価値はあるでしょう。

今現在複数の業者から借入していて返済が大変という方は金利と返済額を見直すためにおまとめローンを考えてみてください。落ち着いて計画を立てれば今よりもだいぶゆとりのある返済計画を立てられる可能性があります。

おまとめの方法

おまとめローンおまとめローンをやっている金融業者はインターネットで検索すればすぐにたくさん見つかると思いますが、各社おまとめサービスの内容や金利などはそれぞれに違いがあります。その会社でおまとめローンを利用した場合には本当に自分にメリットがある計算になるかきちんと確認するようにしましょう。例えば間違ってかえって金利が高くなってしまうようなおまとめローンをすることがないように気をつけましょう。

もしも元々金利が高くないショッピングローンや自動車ローンなどをおまとめしてしまうと、逆に金利が高くなるというケースも考えられます。
さらに毎月の返済総額が今までよりも増えてしまうというケースも要注意です。おまとめローンを考慮しているということは、毎月のやりくりがすでに難しくなっている可能性も高いので、月々の支払い総額が上がってしまってはおまとめローンをする意味があまりなくなってしまいます。

さらに現在ある債務の全てをおまとめできずに、一部だけをおまとめできるという場合には、一部のおまとめでも金利面でお得になっているのかどうか確認しましょう。金利も下がっていないようであれば中途半端な額だけおまとめする意義はあまりないでしょう。

おまとめが必要な時

複数の金融業者から借入をしていると、毎月の合計返済負担額はどうしても大きくなるのが一般的です。そして利息の支払いばかりが続いて肝心の元金がなかなか減っていかないというループに陥りがちです。そのような場合に借入一本化のおまとめローンが必要になります。毎月複数の返済手続きや振込作業をするというのは、単に手間がかかるというだけではなくて精神的にも結構きついものがあります。

金利さらに銀行振込で複数の業者に入金しているとその都度振込手数料などもかかってきますので、費用の面でもデメリットがあります。
借入を一本化することによってこうした精神的ストレスや手間からある程度開放され、順調に返済をすることが容易になります。そしてなんといってもおまとめローンにするメリットの中で最大のものは金利面にあります。貸金業界では借りる金額が多いほど金利は下がっていく仕組みになっています。

例えば3社から40万円ずつ合計120万円借入しているとすると、各業者で金利18%が設定されていることが多いはずですが、もしこれを1社にまとめると、1つの金融業者から120万円を借りていることになるので、100万円以上の貸付の場合は金利の上限が15%となります。おまとめローンで無駄な利息の支払いを省くのは賢明なことといえるのです。

消費者金融でおまとめ

消費者金融と聞くとちょっとブラックなイメージを持っていた方もいるかもしれませんが、現在では貸金法も改定されて法外に高い金利がかけられるようなこともなく健全な営業が普通になっており、各個人の収入に対して見合わないほどの額を貸し付けることもできなくなっているので、比較的安心して用いることができる資金繰りの方法となっています。消費者金融の利用方法は人それぞれだと思いますが、計画的に利用するならばピンチの時に救ってくれる存在になるでしょう。

借りる消費者金融を利用する場合は、借りる時のことよりも返す時のことを先に考えるようにしましょう。そもそもこの金額は返済することが可能なのか、月々の生活に支障が出ない範囲の返済額かを考慮します。さらにどのくらいの期間で完済できるのか、そしてその場合利息は合計いくら支払うことになるのかも考えましょう。
ブラックな金利で貸す業者はもうほとんどないとはいえ、年率で15%~20%未満の利息がかかってきますので、返済が長期化すればするほど利息をたくさん払わなければいけなくなります。

借りようとしている金額を自分は短期返済できるのかを考えておくのも大切な要素です。なかには複数の消費者金融からそれぞれ借入をしていて、各社への毎月の返済だけで家計が火の車となっている人もいるかもしれません。そのように多重に債務を抱えている場合にはおまとめローンというものを考慮したほうが良い場合もあります。