おまとめが必要な時

Pocket

複数の金融業者から借入をしていると、毎月の合計返済負担額はどうしても大きくなるのが一般的です。そして利息の支払いばかりが続いて肝心の元金がなかなか減っていかないというループに陥りがちです。そのような場合に借入一本化のおまとめローンが必要になります。毎月複数の返済手続きや振込作業をするというのは、単に手間がかかるというだけではなくて精神的にも結構きついものがあります。

金利さらに銀行振込で複数の業者に入金しているとその都度振込手数料などもかかってきますので、費用の面でもデメリットがあります。
借入を一本化することによってこうした精神的ストレスや手間からある程度開放され、順調に返済をすることが容易になります。そしてなんといってもおまとめローンにするメリットの中で最大のものは金利面にあります。貸金業界では借りる金額が多いほど金利は下がっていく仕組みになっています。

例えば3社から40万円ずつ合計120万円借入しているとすると、各業者で金利18%が設定されていることが多いはずですが、もしこれを1社にまとめると、1つの金融業者から120万円を借りていることになるので、100万円以上の貸付の場合は金利の上限が15%となります。おまとめローンで無駄な利息の支払いを省くのは賢明なことといえるのです。